×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

K山荘
まだ夏が始まったばかり、ある廃墟へ向かう為山の中に居た。
この年の夏は猛暑で、夕方の日陰でも温度計は32度を指していた。
暑い・・・なんて暑いんだ。と息を上げて山坂道を上がって行くとようやく人工物が見えてきた。
ここか?と思っていた期待をこの支柱がそれを裏切った。
これは荷物運搬用のロープウェイの支柱。
つまり、目指す廃墟はまだまだ先ということだ。
このタイミングを掴みにくい階段が草に埋もれさらに歩きにくい。
また階段。いったいどれだけ登ればたどり着くのか?
コンクリートの比較的しっかりした階段を上りきると運搬用ロープウェイの
終点がそこにあり、もうすぐこの登りの終わりを知らせてくれた。
ようやく本体とご対面。木々に囲まれこじんまりとした印象で小規模な廃墟というイメージだった。
次 へ