×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ARホテル
ホテルの廃墟は比較的多く存在する
日本経済は不況の真っ只中にある。
しかしながら、都市部ではホテルが次々に建設されていく。
廃業したホテルを買い取って、新しいホテルにする企業もある。
では、経営に成功しているホテルと、廃業してしまったホテルはどう違うのか。
一言で経営の悪化と言ってしまえばそれに尽きてしまうかもしれないが、
ではどうして経営の悪化を招いてしまったのか。
そこには、利用者にはなかなか知られない経営方針や技術、戦略などが密接に関係している。
まず、ホテルには大きく分けて外資系ホテルと国産ホテルというものに大別される。
外資系ホテルは、ホテルの所有、経営、運営がそれぞれ違う会社で運営されている。
多くの場合、土地や建物を所有しない。ビジネスとして運営のみに専念する。
そのホテルの建物は、大抵オーナーは別に存在する。
事後処理する能力を失い管財人に管理、処理される。
次 へ