×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

S分校
過去10年間、2000校以上もの学校が廃校になっている。
現在、増えつつある廃校は年に250校以上。
その原因は過去の紹介にもあるように、過疎化により児童の減少、
少子高齢化、都心から郊外への移転によるドーナツ化現象。
この中でも、過疎化が全体の6割を占めている。
〜廃校後の土地建物の利用〜
2000校以上の廃校のうち、1700校以上がなんらかの方法でその土地を利用している。
内、約1300件が校舎そのままを利用している。
過疎化による廃校と、ドーナツ化現象による廃校の活用の違い。
過疎化や高齢化による廃校の場合、施設の整備費は公的資金に依存する傾向が強い。
その場合の運営・維持管理も公的資金による事例が大半を占めている。
施設の利用料だけで賄っている施設は1割にも満たない。
では職員はどうか
常駐職員なしの施設が多く、稼働日数は週に2〜3日又はそれ以下が8割を占め
月に2〜3日しか使われない施設も4割弱ある。
次 へ